ツインレイとの再会で呼応する魂の音色!二人の音が重なるその瞬間

きずな

こんにちは。
ヒプノセラピストのきずなです。
誰にとっても特別な人がいます。
その人は時を超え、いくつもの次元を通って、必ずあなたと会うという誓いを果たしに来るでしょう。

あなたは、心のどこかでわかっています。
ツインレイを心で見分けられるからです。

また、それは偶然的な出来事ではなく、いくつもの準備を重ねて今を迎えているのです。
ツインレイと再会する際には、その魂の呼応を強く感じることでしょう。

きずな

今回はあなたの魂とお相手とのつながり、魂が求める再会のサインにについてお話しします。

ツインレイは離れていても、潜在意識の中で呼応しあっている。

きずな

ツインレイの再会とは、今世での最初の出会いを含めれば、2回あります。
あるいはそれ以上の場合もあるでしょう。
遠ざかったり、近づいたりを幾度も経験する場合、あなたは自分達の成長度合いが遅いから?
と、心配になるかも知れません。
けれど、そこにはお互いが決めたシナリオがあり、ほかの多くの魂を高みへと導く必要があるからです。

もしもサイレント期間にいたとしても、つながりの強い二人の潜在意識で交わされる会話が途切れることはありません。
時には夢の文字がそれを示してくれることもあります。
それは、「今、心のLOCKがかかっています」といった短い、愛想のないものかもしれません。

きずな

あなたが安心してこの期間を過ごすためのラブレターは、一番お相手の心を感じることのできるもの、胸のつかえがとれるものであるはずです。

ツインレイの呼応は、お互いを尊重しあっている

きずな

瞬間瞬間で変化しゆく「因」と「果」が、相依性の連関を通じて、お互いに影響を及ぼします。
あなたもお相手も、今この瞬間の行為がお互いに影響を与えあい、連鎖し合います。
もしかしたら、今世で一度再会しても、サイレント期間を経験した後、再会を待つことなく別々の人生を生きるかもしれません。

物質世界でこうしたスタイルを選んだとしても、嘆く必要はないのです。
この先どのような巡り合わせがあったとしても、誰もが自由選択できる世界に生きているからです。

ポイントあなたの選んだ道を堂々進むことこそが、お互いにとって大切です。
どんな選択をしたとしても、決して魂が決別し、知らん顔するようなことはありません。

今再会するよりも、もっと成熟した段階であることのほうがよい結果をもたらすこともあるでしょう。
そして、どこにいても、お互いの生き方を尊重しあうのが本物のツインレイです。

きずな

二人の魂の呼応は、ただ自分のもとに引き寄せるためではなく、あなたもお相手も「幸せ」な方向によりよく生き、その生を全うするためでもあります。
魂が二つに分かれた理由は、そうして経験することの大切さを知っているからです。

二人はいつでも呼応しあっている

きずな

あなたがお相手に出逢い一瞬で恋に落ちたとしても、お相手は「あなたを知らない」というかもしれません。
それでも深い慈しみの心で相手を見守る時、心のもっと深いところにある記憶を呼び覚ますでしょう。
あなたがお相手の手に触れたなら、その感触は時空を超えてお相手の原子のすべてを揺さぶります。
もしもその瞳をのぞき込んだなら、瞬時に心は時空を超え、遙か向こうで見てきた景色が蘇ってくるでしょう。

あなたがお相手と出会った時も、そうでしたか。
お相手は、何世紀もの向こう側のあなたを知っています。
そして、二人がかつて愛し合っていたこと、結ばれていたことに気づく出来事を数々体験するでしょう。

ポイントツインレイにとっての試練は、この物質世界で出会うこと自体にあり、肉体をもった世界での
「離れなければならない」サイレント期間の体験は、まるで二人の覚悟が試されているように感じるかもしれません。
ただ、いたずらに心を弄ぶ経験なのではなく、そうすべき理由があるからです。

ツインレイは「覚醒する」とも言われています。
けれど、それはあなたもお相手もすでにその性質を備えながらこの地球に降り立っているからであり、ある日偶然的に備わるものではありません。

そしてお互いが霊的に成長して同じレベル到達したからこそ出会うことができるのであり、必要に応じて離れ、また引き寄せ合うこともあります。

お相手が本当の意味であなたに気づくことができたなら、その情熱はどんな火山よりも激しく噴出するでしょう。
そして、計り知れないエネルギーが放出されます。

きずな

ある日二人が瞬時に気づくことができたなら、突然親しみの感情が沸き上がるでしょう。
あなたがお相手と出会った時は、どうでしたか。

意識レベルのはかりしれない深い場所で沸き上がる感情に、あなたは困惑するかもしれません。
たとえ偶然的な出逢いであっても、二人の内側には同じ意識が流れています。

ポイント同じ波動、同じ感性、同じ心の動き、言葉は交わさなくても、魂は呼応しあい、会話しています。
二人は「ツインレイ」という言葉も知らないかもしれません。

それでも思います。
「私はあなた」であり、
「あなたは私」である気がする、と。

きずな

時にはふと、家族と一緒にいるような懐かしさ、相手を見つめる時に、どこか照れくさくなるような気持ちが働くことがあるでしょう。
そのようなとき、相手もまた同じように感じていることがあります。

魂の呼応とは、それぞれ特有のもの。

きずな

二人を導く呼応は、魂の性質特有の「香り」であるかもしれません。
夢やふとした瞬間蘇る感情、お相手を感じる声によって、再会が知らされることもあるでしょう。
この世で生きる時間が長くなれば、ノイズや濁り、汚れ、澱、歪み、曇りといったものに覆われていて、ゆっくりとお互いがひとつの魂であったと気づいていくかもしれません。
再会を果たした後、二人の人生を振り返ったなら、どれだけ交差しあう中にいたか、驚くことは多いでしょう。

きずな

二人は生まれた場所、住んでいた場所、勤めていた会社、移転のタイミングなど、いつも片時も離れることなく繋がっていたことを思い知らされます。
まるで見えないところで、お互いを見守っていたかのように感じるでしょう。

再会を果たす時の呼応

きずな

誰もが意識の深い部分で繋がっています。
それが表面に表れなくても、なんとなく互いの本音を推し量ることができます。
ただ、ツインレイの場合は夢や記憶などの潜在意識からメッセージを得たり、五感以外の働きによって気づいたりすることがあります。
サイレント期間、相手がどこにいるかやりとりできなくても、物質的な距離が離れていることがわかる場合があります。

逆に物質的な距離間が縮まった時には、
「今日は会える気がする」と察することもできたりします。

あなたも、ふとした瞬間にお相手と強く繋がっている、と感じることが多かったのではないでしょうか。
お相手の心の声を知りたい、と思ったなら、夢や瞑想による潜在意識への働きかけがその声を届けてくれます。

ポイント自分の心を確認する時、
「そうしたほうがいいような気がする」という根拠のない感覚を大事にすればよいのです。
あなたがお相手を感じ、心が躍動し始めたなら、それが再会のサインとなるでしょう。

あなたはお相手の唇の感触、声、手のぬくもりさまざまなところで一体性を感じることができます。
何百年も前にお相手と交わしたのと同じキス、心の底から恋しいと感じていた声、磁力が引き寄せ合うような抱擁の中で、二人の音色は重なります。

きずな

二人にとって、お互いの呼応が重なっていると確信できるのは、ずっと一緒であったこと、これからも決して離れることはないことを思い出すことができるものです。