嫌なことがあったら!ネガティブな気持ちを素早く切り替える4つの方法

きずな

こんにちは。
ヒプノセラピストのきずなです。

嫌な出来事が起こって、気持ちが重く沈んでしまうこと、ありますよね。
気持ちが沈むと見るものすべてにネガティブなフィルターがかかってしまい、
「気を取り直して」
と、気合を入れてはみるものの、うまくいかないことも多いです。
そんな場面をあなたは、どんな風に乗り越えていますか?

日常の中から、嫌な出来事をゼロにすることはかなり難しいですよね。
けれど嫌だな、と思う出来事に遭遇しても、今より容易に乗り越えて前に進めるようになることはできるのです。

きずな

今回は嫌な出来事を乗り越える考え方のコツをお伝えします。

出来事にはよいも悪いもないことを知る

きずな

実は出来事にはよいも悪いもありません。
よい、悪い、とタグをつけているのはあなた自身なのです。

最近あなたに起こった「嫌な出来事」を思い出してみてください。
思い出した時あなたは、どんな気持ちになりましたか?

出来事と同時に辛い、寂しい、悔しいなど、重苦しい気持ちがよみがえるのではないでしょうか。
今度は「よい出来事」を思い出してください。
いかがでしょう?
うれしい、わくわく、楽しいなど、明るく軽やかな気持ちが浮かぶことと思います。

ポイントネガティブな感情は心にとっても心地よいものではありません。
だから、悪感情を引き起こした出来事を心は悪いもの、と認識してしまいます。

たとえば「AさんがBさんに批判された」という出来事。
批判されたAさんにとっては不愉快な気分を引き起こされた悪い出来事でしょう。

きずな

けれど、出来事そのものだけを切り取ってみるとどうでしょう。
「AさんがBさんに自分の思っていることを伝えた」
という出来事に過ぎないのです。

出来事に隠されているギフトを受け取る

きずな

嫌な出来事には、あなたへのギフトが隠されていることがあります。

それは、

ポイント「こうしたらもっと素敵になるよ」
「そこがあなたの弱いところだから気を付けてあげてね」
「ここを気を付けると、これからもっと成長することができるよ」

そんな、これからのあなたがもっと幸せになるためのメッセージです。

ただ、悲しい感情、辛い感情に何重にもラッピングされている時は、取り出すことが少し難しいかもしれませんね。
ギフトを取り出すためにはまず、出来事と感情を切り離してみましょう。

「恋人と喧嘩して悲しい」という場合。
出来事は「恋人と喧嘩をした」
感情は「悲しい」ですね。

次にその出来事の隠された裏の姿を見てみましょう。
物ことには必ずポジティブな面とネガティブな面があります。

「恋人と喧嘩をした」という出来事は、一見ネガティブな出来事ですが、別の方向から見てみると、
「恋人の本当の気持ちを知ることができた」
「我慢していた気持ちを表現することができた」など、ポジティブな面が現れます。

ポジティブな面の素敵なところは、未来に続くメッセージを発してくれること。
この場合はたとえば、
「これからは喧嘩になるほどに本音をため込まず、少しずつ伝えるようにしよう」
という気づきがギフトかもしれません。

きずな

すると、悪い出来事の顔をしてあらわれた喧嘩は、以前よりも心地よくお付き合いができるきっかけというギフトだったと気づくはずです。

心にたまった膿を出す

きずな

嫌なことがこれでもか、という勢いで起こる、そんなときは立ち止まって自分の心の中を大掃除してみるのもひとつの手です。
もう限界点間近だよ、というあなた自身からのSOSの可能性もあるからです。
紙とペンを用意して、心に思い浮かぶひっかかりを片っ端から書き出しましょう。

チェック

  • 悔しかったこと
  • 悲しかったこと
  • 寂しかったこと
  • 辛かったこと

どんな些細なこと、昔のこと、関係ないと思われることでもいいのです。
思いつく事柄を全部書き出してみてください。
ネガティブな記憶は実際よりも深刻なものとして脳にストックされがち。

きずな

暗い場所では幽霊に見えた影が、朝になって見たら柳の木だった、というように、きちんと確認することで、怖いものではないことがわかる、ということもよくあることなのです。

あなた自身の取り扱い方を知る

きずな

嫌な出来事に感情を揺さぶられると、たくさんのエネルギーが消耗されます。
安心して寛いでいる時よりも、いろいろな考えが頭の中を飛び交うので、じっとして、ただ悩んでいるだけでも、なんだかぐったりしてしまいます。
嫌な出来事にぐったりしてしまった時は、なるべく早めにその疲れを取り除いてあげましょう。
人の心にはそれぞれ性質があります。
「疲れを癒す」といっても、こうすれば癒される、という方法は人それぞれです。

楽しいことをして気分を変えるのが一番、というタイプ
とにかく眠る、眠れば回復する、というタイプ
誰かに話す。話を聞いてもらうとすっきりする、というタイプ。

あなたは自分のタイプをご存じですか?
わからない、というときは思いつくままにいろいろ試してみてください。

たとえば、

チェック

  • 映画を見る
  • 美味しいものを食べる
  • きれいな景色を観に行く
  • マッサージを受ける

あなたの心にピッタリの回復方法がきっと見つかるでしょう。

そしてこの時、「こうするのが正しい」との思いから頑張りすぎないことも大切です。
どうしても嫌な人からは逃げてもいいのです。
どうしても嫌な場所からは去ってもいいのです。
そのことを心に留めておいてくださいね。

きずな

あなた以上にあなた自身のメンテナンスができる人はいません。
あなたを取り扱う、最高のエキスパートになってくださいね。

嫌なことから起こる引き寄せの法則を断ち切る

きずな

嫌なことがひとつあると、次々と嫌なことが起こってしまうという流れに乗ってしまうことは少なくありません。
ポイントそこには引き寄せの法則が働いているのです。
嫌な出来事が嫌な出来事を引き寄せてしまうのではなく、その時に抱えた嫌な気分が同質の出来事を引き寄せてしまうのです。

嫌な出来事は、「大切なギフトが届きましたよ」という通知。
隠されたギフトを受け取ったら、嫌な気分はさっと削除してしまいましょう。
頭の中で、削除ボタンを押すイメージです。

きずな

ギフトであるポジティブな面が見えれば、気持ちも自然に明るいほうへ向かいます。
すると明るい気持ちに同調して、うれしい出来事が引き寄せられ、あなたはさらに幸せを感じることができるでしょう。
打ち寄せるさまざまな波を楽しむように、訪れる出来事と気分をあなたらしく乗りこなしてくださいね。