ツインレイの試練の克服にハイヤーセルフと向き合おう!高次の自己とつながる方法

きずな

こんにちは!
ヒプノセラピストのきずなです。
あなたは「ハイヤーセルフ」という言葉を聞いたことがありますか?

ハイヤーセルフは「高次の自己」あるいは「高次元の自分」と訳することができるのですが、
このハイヤーセルフと繋がることで、より自分らしい人生を生きられるようになります。

もっと分かりやすく説明すると、
『最高のパフォーマンスを発揮できるもうひとりの自分』のことです。

ハイヤーセルフは、潜在能力の覚醒や秘められた力が解放された状態を指します。
そのためハイヤーセルフと繋がることが出来れば、本当の自分を取り戻して、より人生を豊かにすることが出来るのです。

つまり、いま生きづらさを感じている人や今世での魂の課題に気付いていきたいと考えるサイレント期間の人に必要なものなのです。

きずな

そこで今回は、ハイヤーセルフとは何か、そしてどうすれば繋がることができるのかについてお話ししましょう。
それらを知って、より自分らしい人生を送るヒントを得てみませんか?

1.「高次の自己」ってなに?

スピリチュアルの世界では、肉体は滅びても魂は存在し続けると考えられています。
私たちの魂は、この世で様々な経験をするために何度も生まれ変わりを繰り返しているのです。

ですが、肉体が滅んだ場合、脳と心は引き継ぐことが出来ません。
私たちの魂は、輪廻転生をして引き継がれます。
そして輪廻転生を繰り返すことで、魂は向上していきます。

そのたびに様々な人生のテーマに向き合い、魂を磨いているということを、あなたはご存知でしょう。

きずな

ただ、普通は魂の目的を忘れ、日々の生活に追われてしまっています。
あなたはどうでしょう。あなたにとっての魂の目的を考えたことはあるでしょうか?

そして、忙しさに追い立てられて、人生を歩んでいます。
しかし、魂の目的や人生設計をすべて知る「もう一人の自分」がいます。
ここでは魂の伴侶のお話をよくしているので、ツインレイを思い浮かべる方も多いでしょう。

ですがツインレイではありません。

ポイント

あなたの人生の目的を知っている、あなたのハイヤーセルフです。
この「もう一人の自分」は、エゴを持たない純粋な魂であり、前世から現世まですべての魂の履歴を把握しています。

時空を超えた次元の存在で、いわば魂のマザーコンピューターのようなものと考えられるかもしれません。
スピリチャルや自己啓発に詳しいあなたであれば、守護霊や守護天使などと同じだろうと考えるかもしれません。

これらと混合されることもありますが、ハイヤーセルフはあくまで「自分の魂」であるのに対し、それらは自分とは別の存在ですので、分けて考える必要があります。

2.ハイヤーセルフの役割は?

きずな

ハイヤーセルフは、私たちの潜在意識に働きかけて魂の目的を思い出させようとします。
潜在意識というより、無意識というほうがピンとくるかもしれません。
この潜在意識はあなたが普段認識していない意識のことで、これに対し自分で自覚できるものを顕在意識といいます。

私たちは無自覚なまま潜在意識の情報によって様々なことを選択しているのです。
例えばあなたは直感などで恐れたり、直感によってよいほうを選択していないでしょうか?

ポイント

あなたも直感で多くのことに気付き、ひらめいてきたのではないでしょうか。
ハイヤーセルフは潜在意識へ働きかけ、私たちが魂の目的から外れることのないように見守ってくれている存在でもあるのです。

どうやってハイヤーセルフと繋がればよいか

私たちは現実的な問題に振り回されてしまい、ハイヤーセルフの働きかけに気づかないことも多々あります。
そこで、毎日の生活の中にハイヤーセルフと繋がる時間を意識的に作ってみると良いかもしれません。

1.脳と心と魂の3つの意識に気付く

人は、脳・心・魂の3つの意識を持っています。
それらの意識をしっかり把握することで、魂の在りかを探すことが出来ます。

たとえば、やりたくない事をお願いされたとき、意識はこのように働きます。

3つの意識

  • 脳であなたが
    「これをやっておけば、人からの評価も上がるし、自分にとってもプラスだからやった方がいいよ」と考えたとします。
  • ですが、心で
    「やった方がメリットが大きいのは分かる。でも…とても苦手なことで私にはとても負担が大きくて本当は嫌だ…。」
    と感じています。
  • それでは、魂のレベルで見た時には、どうなっているでしょうか。
    実は、魂は「やりたくない!」と私たちに伝えようとしているのです。

一番奥底にある意識が魂で、心は魂の伝達役です。
そして脳が現実世界での舵取りをしている状態です。

魂は子供のような存在で、好きなことにはワクワクドキドキするけど、嫌なことは嫌と言う素直な意識です。
でも魂の声は、なかなか届きません。
まるで水の中で声を出しているように届きにくいのです。

2.瞑想

きずな

ハイヤーセルフの意識を見つけるためには、瞑想が最適です。
瞑想することで

  • 脳が発している言葉であるのか
  • 心が発している言葉であるのか
  • 魂が発している言葉であるのか
  • 分かるようになります。

瞑想は雑念を沈め、意識をキレイな状態にしてくれるので、ハイヤーセルフとコンタクトが取りやすくなります。
瞑想して心が落ち着いたときに、ハイヤーセルフに質問をしてみましょう。
そのときに浮かんできた言葉がハイヤーセルフからの言葉です。
あるいは、瞑想後にふと思いついたことが、ハイヤーセルフからのメッセージかもしれません。

3.オラクルカード

オラクルカードを使うこともハイヤーセルフと繋がる手段の一つです。
「オラクル」とは「神のお告げ」という意味で、偶然に引いたカードからメッセージを受け取ります。
そのメッセージは潜在意識を言語化してくれるものでもあり、ハイヤーセルフともつながりやすくなるといわれています。

きずな

ハイヤーセルフと繋がることに特化しているオラクルカードもあるので、興味のある方は使ってみるのも良いかもしれませんね。

4.ヒプノセラピー

自己流で瞑想をするのも良いですが、ハイヤーセルフと繋がるためにヒプノセラピーにくる方もいます。

ヒプノセラピストの誘導により、催眠にかかり、身を任せることでハイヤーセルフへと導かれていく方法です。

ポイント

雑念が多い人や、不安な人は、私たちのようなヒプノセラピストの力を借りるのもよいと思います。

5.ハイヤーセルフと対話する

瞑想によってハイヤーセルフの場所が分かったら、ゆっくり静かに話しかけてみましょう。

たとえば

  • 「久しぶり、元気にしてた?」
  • 「最近はこんなに良いことあったよ」
  • 「一人にしてごめんね」
  •  という普通の会話でかまいません。

こうすることで、ハイヤーセルフの声を聴きやすくなり、繋がることが出来ます。

ハイヤーセルフと繋がることができたら、自分の中で確かな大きな存在を感じることができます。
そして勇気や自信に似たようなプラスの感情が湧いてきて、「これでいいんだ!これが本当の自分なんだ!」と確信を得られるようになります。

過去から現在にわたって私たちのすべてを知り、見守り続ける「もう一人の自分」、ハイヤーセルフ。

生きることが苦しいときや現状の課題を解決できない時は、もしかしたら一人で戦っているのかもしれません。
そんなときはハイヤーセルフの存在を思い出してください。

ポイント

あなたの中のハイヤーセルフはいつだってあなたのことを見ています。
あなたが正しい方向に進めるよう見守ってくれています。
あなたは決して一人ではありません。

error: Content is protected !!