「いいことが常にめぐる人」幸運を呼び寄せる人が持つ7つの特徴

きずな

こんにちは!
ヒプノセラピストのきずなです。

あなたの日常に目を向けていただきたいと思い、今回は一緒に考えていこうと思います。

いいことばかりが続く人と 悪いことばかりが続く人がいます。
今世に生を受けた私たちは、どちらの生き方も実は選択できるのです。

そこで今回は、「いいことが常にめぐる人」というテーマでお話ししましょう。
きずなチャンネル公式サイトをご覧いただいている方なら、幸運を呼び寄せる人が持つ特徴がたくさん当てはまるのではないでしょうか。

ご自身は「どうだろうか」と、振り返りながらご覧ください。

1.自分が好き

自分を好きでいられる人は、人に対しても許容範囲が広く、気持ちも安定しています。
そういう人は幸せそうで、することの全てがうまくいっているように思えます。

他の人は、その人が自分にない物をもっているように思え、自分には何が足りないのだろう、と思うかもしれません。
ですが、一人一人、思考や幸せだと感じることは違うので、本当は比べようがないのです。

あなたの思考にあったものを選び取るところに、人と違ったものが生まれ、オリジナリティの高いものを輩出でき、究極の独自スタイルの人生を味わうことができます。

自分の思考に対してポジティブさがある時、魂に栄養を与えることができるからです。
バイタリティに溢れている人は、少々の苦労など、乗り越えられてしまうでしょう。

ポイント

そのような人は、「好き」な感情を大事にしているのです。
好きなことが繋がって人生が広がって行くので、幸せの軌道にのっているように見えるはずです。
また、「どの人の人生も違っている」こと、「誰の人生も素敵で面白い」ことを十分理解している人でもあるでしょう。

きずな

あなたはご自身が好きですか?
人と比べてしまうことはありませんか?

2.人を大事にする

いつも護られているように思える人は、たいてい身近にいる人を大切にしています。

たとえば

  • 親孝行な人
  • 家族に愛を注いでいる人
  • 職場のみんなに思いやりを持って行動している人
  • 表示したいタイトル

こうした人は、自分も困っている時には救ってもらえます。

無私無欲で人のために奔走することができ、人の幸せを願える人は
「あの人のためなら一肌脱ごう」と思ってもらえます。

そうした人達が、ピンチの時に守護してくれるのです。

ただ、人を大切にするというのは存外難しいことです。
大切にしているつもりが過干渉になることだってあるのです。

人を大切にするとは自分と相手と領域を一定に保ち、程よい距離感で付き合える人のことです。

きずな

あなたはどうでしょうか?
家族や友人、知人との関係を程よく大切にしていますか?

3.自分は恵まれている、と思っている

感謝の気持ちは、更なる福徳を呼びます。
逆に愚痴や不満ばかりの人は、そういう人ばかりを呼び寄せ、良い運を遠ざけます。

その人が幸福であることを知るのは、その人自身の口から
「私はなんてラッキーなんだろう。」という声を聞くからでもあります。

思わぬ事で怪我を負っても、
「この程度で済んだ」
「堂々とゆっくりできる」
「普段の生活なら知り合えない人と出会えた」
などの言葉を口にできる人です。

肯定的な言動が、自分だけでなくまわりすらポジティブな思考につなげてくれるのです。

幸運の大小は関係ありません。

ポイント

その人がそう思える日々であることが大切であり、
悪く思えるような出来事の中にも、利点やチャンスに意識がいくこと自体、幸せを呼び寄せることのできる体質です。

そういう人の行動に触発され、素直に取り入れられる人も幸せがめぐりやすい人なのです。

あなたはいかがでしょうか?

4.恐れずに手放すことができる

チャンスを掴める人の多くは、慣れ親しんだものを大切にするだけでなく、時には他から提示される新たなものや、思いついたものにも、積極姿勢で臨むことができます。

逆に、幸運を手放す人は、うまくいかない方法にいつまでも固執していたり、
「ここから離れてはならない!」とばかりに、うまくいかない状況にしがみついています。

物事の「一面」しかとらえられず、他によいやり方や道があっても視界に入らないのです。

ポイント

身軽に動ける人は、手放すことが上手で、新しくあいたスペースにはもっといいものを招きいれることができます。

あなたの周囲に、以前より良い人と付き合っている人がいたら、その人はよくない関係性をきちんと手放した人、といえるでしょう。

きずな

あなたは、手放すことが上手ですか?

5.観念のワナにはまらない

何か一つ、悪いことが起きると、なかなかネガティブな感情から立ち直ることができないこともあります。

そんな自分と比べ、立ち直りが早い人は、まるで自分よりも高い思考が備わっているかのように思えます。
あっという間に次のチャンスに向けて動き出しているからです。

「レジリエンスの高い人」というとハードルが高く感じますが、まずは「折り合い」をつけることが大切です。
自分の意思で、自分の感情を上手にコントロールしましょう。

なんでもかんでも楽な気持ちに流れてしまえ、というのではありません。
ネガティブさの中に、どれだけポジティブな観念を取り入れるか、ということが大切であり、この先の未来により良く働きかけ、チャンスをもたらすことができます。

ネガティブな思考に陥っている時、視界はとても狭くなります。
つまり、リラックスして物事を受け入れられる時、多様な方向性を見出すことができるのです。

また、自分の力ではどうにもならないことを、いつまでも考え続けることは、時間の浪費以外の何物でもありません。

ポイント

どのような見方をするのも自由です。
そして、あなたの心次第で全てが変わっていきます。

きずな

あなたは観念の罠にははまりにくい考え方を持っていますか?

6.楽しむことを諦めない

幸運に見える人の多くは、自由気ままに見えます。
自分の人生を信頼し、恐れずに行動を起こし、よく遊びます。

予想外の出来事が起こっても、「楽しむ」ことを諦めません。

きずな

その人自身は、生活環境や仕事の中でしがらみがあったとしても、心が自由なので、いくらでも楽しい方法を思いつけるのです。
あなたはどうでしょうか?

楽しむことをあきらめない人は、いつも楽観的な思考が働くのです。
楽観的でいることで、創造性が解放され、思考がクリアになります。
幸運を巡らせることができる人は、楽観性のもたらす宝を心得ている人です。

逆に、不安やストレスを抱えている状態はミスが多くなったり、時間やエネルギーを無駄に消費することになります。

自由な心を持っていても、従うことが大切な時もあります。
矛盾しているように思うかもしれませんが、これは服従ではありません。

みな、よく使っている言葉に「勘に従った!」というのがあります。

そして、そういう時は
「うまくいった!」と続くことが多かったりします。

ポイント

あなたの中の、より大きな意思、あなた自身の能力を超えるものに導かれていると感じるなら、それに従うことも大切です。
それは、あなたを護る働きだからです。

これを無視して進むのも自由です。
ですが、「自由であること」に力み過ぎないことも大切です。

7.人生を肯定的に考えている

きずな

運に護られて見える人は、心が軽く、明るく、何事にも肯定的で楽しそうです。

でもどうでしょう、運を手放してしまっている人だっているのです。

自分の人生に否定的な見方をしている人は、表情にも表れていて、人を寄せ付けません。
幸せになることに一生懸命で、その「幸せ」がにっこり微笑みかけているのに、一生懸命進むことに重きを置きすぎ「うるさい」と追い払ってしまうのです。

楽しいことをしていたら、幸せになれない、と思っている人もいるかもしれません。

あなたはあなたの尊さを知っているはずです

幸運に恵まれたくて、パワースポットに行く人もいます。

あなたはどうでしょうか?
でも、波動を高めたいのであれば、もっと身近な場所でできます。

波動を高めるために
自分が本当はしたかったこと、したいことを聞いてもらったり、聞いてあげたりするのです。
好きなこと、楽しいことについて話す時、人の顏はぱっと輝きだします。

相手の顏が明るくなる時、あなたも驚き、嬉しくなるはずです。
特別な日の、特別な時にしかできないことに頼らなくても、自分が幸せを感じるようにする方法はいろいろあります。

また、人を呼び寄せ、幸運が巡ってくるように仕向けるには、「笑顔」が大切だ、とよく言われます。

ここであなたの日頃の顔を思い出してみてください。
自分の周囲の人は、自分の写し鏡といえます。

ポイント

素敵な人から笑顔をもらうためには、自分が先に微笑みの人になる必要があります。
そうすれば、いつも微笑みをくれるあなたに、相手も微笑むようになってくれます。
あなたは日頃、周りの人に微笑みかけていますか?

あなたの周りには、微笑みの輪ができ、あなたの周囲は、まるでパワースポットのように明るく照らされ、幸運が集まるようになるのです。

error: Content is protected !!