サイレント期間のタブー!ツインレイの別離の悲しみから離れられない時どうしたらいいの?

きずな

こんにちは!
ヒプノセラピストのきずなです。

魂が惹かれ合う相手に巡り合ったのに、お相手と離れてしまった人がこの動画を見ていただいていると思います。

あなたのサイレント期間の始まりはどのようにして訪れたのでしょうか?

ポイント

  • 別れたいと相手またはあなたが言い出して始まる場合
  • 自然消滅のように、少しずつ縁が遠のいていく場合
  • ある日突然原因もわからずに離れる場合
  • 喧嘩をして、音信不通になってしまう場合

一般的な恋愛とさほど変わらないことも多いです。

あなたの場合はどうだったでしょうか?
別れの状況は人それぞれです。ですが、あなたが別れを経験しているなら、とても辛いものだったのではないかと思います。

分離期間や待機期間、調整期間などさまざまな呼び方があるこのサイレント期間。
それぞれの呼び名のとおり、2人が分裂し、魂の調整を行うため、お相手とご自身の成長を待つのに必要な期間です。

多くのツインレイが経験し、離れ離れになる長さは、それぞれ異なります。

きずな

今回は別離の悲しみから離れられない時、どうしたらいいのかというテーマでお話ししますので、一緒に考えてみませんか?

サイレント期間の悲しみから、あなたの心が離れられない時どうしたらいいのか

きずな

サイレント期間の別れは今まで経験したどれよりも辛く感じるものです。

現実問題として何が自分の中で起こっているのかわからなくて途方にくれる人も多いでしょう。
あなたはまだ、お相手に対して愛情があるので、どうしようもない葛藤が生まれているかもしれません。

1.あなたの冷静さを呼び戻す

きずな

突然の別れを経験すると、その衝撃に人は執着しやすくなります。
執着すること、それを手放すこともその人の試練です。

ただ、特に恋愛関係にあれば、恋愛による感情は脳の中でも前頭葉にある感情系の脳番地を過剰な興奮状態にしてしまうのです。

ポイント自己の尊厳を否定されたと感じるのは、生命の危機に近い不安感を感じるからです。
なぜなら、恋愛は私たちが太古から繰り返してきた遺伝子をつなぐ営みに強くかかわっているから。
本能に近い欲求を突き動かすものなので仕方ないのかもしれません。

しかし、置き去りにされることで、尊厳の回復のために相手を「狂おしいほどに愛している」気がすることがあります。
ただ、もう一度冷静になってご自身に問いかけてください。

きずな

あなたのいだいている強い衝動。「お相手に向けた狂おしい愛情」は、実は「怒り」ではありませんか?

2.相手に怒りを感じている場合はまず、なぜ自分が怒っているかについて向き合う

きずな

相手に対する感情の根に「怒り」がある場合、あなたはどうにかしてお相手ともう一度会話をしたいと思うかもしれません。

なぜ、別れるのか
何が問題なのか

あなたがお相手のご機嫌を伺えばうかがうほどにお二人の関係はどんどん膠着していきます。

ポイントまずは、なぜあなたは今「怒り」をいだいてしまったのか。
取り乱すこと、泣くことは悪いことではありません。
ただ、「怒り」と「愛情」が違うものだと一度落ち着いて、自分の感情を整理してください。

きずな

相手の今が気になってしかたない。
自分の気持ちを踏みにじられた気がすると思う場合は、残念ながら「怒り」である場合が多いのです。
あなたも一度、内観してみてください。

3.感情に距離を少し置いてみる

きずな

チェイサーの立場になった女性は、冷静になろうと思ったかもしれません。
そして、自分のためにもどうにかして忘れたい、以前の自分に戻りたいとあらゆることに挑戦したりするかもしれませんね。

しかし、どうにかしようと理性的に考えて自分の方向を指し示す前に、自分のわだかまりを言葉にしてみてください。

ポイントなぜあなたは今苦しいのか
お相手との何が過剰だったのか
「私はこう考えていたのに」あるいは「私はこうしてあげたのに」という部分を一度言葉にして書き出してください。
そして、自分の書き出した感情にメッセージやアドバイスをしていただきたいのです。

あなたに向けたアドバイスではありません。
あなたの感情があなたの大切な友人がいだいている感情なら、どんなアドバイスをするかという視点でアドバイスしてください。

きずな

ひとつずつ丁寧に向き合っていくと、あなたの悲しみは形を変えていくはずです。

4.ロジックで解決しようとせず、自分に素直になる

きずな

葛藤や苦しみがやまない場合は、まず自分に正直になりましょう。
いつもは筋道をたてて考える人でも、ロジックがないと信じられない人もまずはあなたの直感に沿って行動してください。

ただそれは、お相手を問い詰めたり、会いたいと連絡をするという衝動について言っているのではありません。
あなたがあなたであることに丁寧になっていただきたいのです。

あなたが喜ぶことに意識を向け、その意欲をもって動く自分を大切にしてください。

5.無理にあきらめようとしない

きずな

ゆっくり自分の気持ちに向き合っていけば、自然とお相手への感情も穏やかになっていくはずです。

ここで注意していただきたいのは、「無理に」あきらめようとしないこと。

たとえば、

チェック

  • あきらめるためにお酒におぼれてみる。
  • 危険なことに手を出す。
  • 心の隙間を埋めるため、危険な肉体関係をもつ。
  • 自分の命が絶える可能性のある危険なことをしようとする。

勘のいいあなたなら、気が付いているでしょう。

ポイントあなたは、自分の魂を傷つけようとしています。
ある意味でこうした無理な行動そのものが、あなたの自傷行為です。
そして、あなたがこうしたことをして、「自分の悲しみや傷の深さ」を、周囲に知らしめようとしないでください。

あなたが思っている以上に人は鈍感です。
気付かなくてもいいことには目を向けるのに、自分までネガティブに引き込まれそうなときは目を背けます。

きずな

自分を適切に守り、自分を最大限、大切にできるのはあなた自身です。
何があっても最後まで、あなたはあなたの味方でいていただきたいのです。

6.試練であるということを素直に受け入れる

きずな

残念なお知らせと感じるかもしれませんが、サイレント期間はツインレイの通例儀式のようなものです。
そして、目を背けても課題をクリアしない限りは手を変え、品を変え、課題がクリアになるまで何度もあなたの前に訪れます。

ゲームをしたことのあるかたなら、まるでゲームをクリアする前に出てくる困難な謎解きだと感じるかもしれません。

ポイント
最終局面を迎えた時必ず手に入れなければならないカギ。
そのカギが、ツインレイのあなたはサイレント期間に課題をクリアすることそのものです。

きずな

あなたは、このサイレント期間の課題がなんであるのか、もう気が付いているでしょうか。

7.ツインレイはあなたの課題の開示につながる鏡である

きずな

ここでの一番のポイントは自分自身です。
ただ、私たちは自分自身を知り尽くしているようで、意外に自分自身のことを理解できていません。
今まで育ってきたバイアスで、色眼鏡をかけているからです。

チェック

  • 今、どうしたい?
  • 何が辛い?
  • その気持ちの奥にあるのは何かしら?

と、自分の魂に聞いていくうちに、本来のあなたが現れてきます。

相手は鏡なのです。
魂の相方であるお相手と二人がひとつになることで魂が完成します。

きずな

魂の片割れだから、相手のことを考えているとき、実は自分に向き合うことにつながります。

サイレント期間を早く終えたいあなたへ

きずな

まず、あなたがサイレント期間を早く終えたいと考えているなら、なぜ早く終えたいのかと考えてください。

サイレント期間を終えるには、相手に要求したり追いかけたりしないでください。
あなたが遠回りだと思って焦っていることが一番の近道なのです。

つまり、今の状態を受け入れ、課題を解決すること。

きずな

あなたのお相手はあなたの鏡、相手を通して気付くのは自分本来の姿です。

error: Content is protected !!