ツインレイ男性があなたに気付いた奇跡!愛を再確認する思い出

きずな

こんにちは!
ヒプノセラピストのきずなです。

ツインレイと離れると、お相手のことがどうしても心から消えてくれない…
辛くて辛くて泣いてしまう。
サイレント期間にお相手のことを思い気持ちがあふれ出してしまう。

そんな経験はありませんか?
そんなとき、お相手のことを思い出すと辛いと思われることでしょう。

ですが、そんな辛い時だからこそお相手のことを思い返してみてください。
二人が出会った時のこと、愛にあふれた日々を過ごしたこと。

その思い出はあなたにしっかりと刻まれ、人生にどんな苦しみや悲しみがあっても、真実の愛があれば生きていけるという真実にあなたは気づかされたはずです。

お相手と過ごした日々は、その真実を気づかせてくれるほど深い愛によって満たされていたのでは、ないでしょうか。
ほかの誰との関係にもなかった、本当の心のつながりを感じる人が、ツインレイであったことでしょう。

きずな

今回はツインレイとの大切な思い出があなたに本当の愛を教えてくれたこと。
そして、お相手があなたの心からなかなか消えない理由について、お話しします。

ツインレイは、決して離れることはない

きずな

あなたが今、ツインレイと離れて毎日を送っていたとしても、心では限りなく深い愛を感じることができます。
物質世界で「離れる」形をとっていたとしても、本当の意味で離ればなれになっていることなど、ないからです。
ポイントあなたはどのような状況の中にいても、お相手のことを思い出すことができるでしょう。
今の自分を支えているのは、ただの思い出だけというかもしれません。
けれど、実際あなたがお相手と離れているのは、意識している限られた時間うちにすぎません。

あなたの身がどこにあっても、無意識領域ではお相手とつながり合い、時には夢の中で、はっきりと変わらぬ愛を誓いあっていることもあるでしょう。

ツインレイを知るのは、唯一無二の存在を間近に感じた時

きずな

あなたもお相手も、出逢ってすぐに「魂のカタワレ」などと思わなかったでしょう。

しばらくは単なる同僚であったり、仲間の一人にすぎなかったり、その中のほんのわずかな可能性の中で起こった「奇跡的な出来事」が、お互いを惹きよせあったのかもしれません。

すれ違いざまの数分間の会話や、たまたま押し付けられた用事、
仕事でなければ行かなかった場所など、もしも何かがほんの少しでもずれていたなら、
決して交わることはなかったと感じるほど、微妙なタイミングによる出会いを経験したかもしれません。
あなたも、お相手との出逢いに運命を感じたのではないでしょうか。

ツインレイという言葉に、あなたが出会ったのはいつだったでしょう。
もしかしたら彼との会話の中で
「手が一緒だね」という何気ない一言がなければ、知ることもなかったかもしれません。

きずな

本物ではないかもしれない、という疑いはぬぐえなくても、手足を比べたり、質問にすべて正解したり、といった形で確かめる必要はありません。
あなたが、そうだと思って今のお相手との関係を大事にすることが、運命に通じているからです。

それぞれの心を鍛えることこそが大切

きずな

ツインレイに出逢うことが幸せのすべてではありません。
ただあなたの心が広がること、深まること、強くなることが幸せの道に通じます。
ポイントどのような状況になっても、「それでも」「それでも」と生きることこそ、
尊いのであり、この「心を鍛える」ことにおいて、ツインレイとの再会は大きな意味をもっているといえます。

あなたはツインレイと出逢って、心が強くなっていくのを感じましたか。

最大の誠意と真剣と真心をもって接してくれる人と出会ったなら、あなたは大きく変わることができます。
愛する人のために本気で生きたい、生きなおしたい、と思う時、それまで使ってこなかった力が湧くことに気づくことでしょう。

ツインレイは、お互いが最も辛い状況にあるとき、出会うことが多いとも言われています。
古い観念と凝り固まった信念の中に生き、小さな殻に閉じこもっていた時、あなたの生命には躍動が感じられなかったかもしれません。

真の創造も喜びもない、価値ある行動の広がりもない人生に投げやりになってしまったことも、幾度となくあったかもしれません。

ところが、ツインレイと出逢い、大切な人とともに語り合う時間、悩み、考える時間を得て、限りない慈しみと知恵がわき、いつしか生命はダイナミックに回転を始めていったのでは、ないでしょうか。

きずな

あなたのお相手は、あなたの生命に瑞々しい触発を与え、人生の行き詰まりを破り、現状を超えていく力を授けてくれたはずです。

ツインレイ女性が唯一「甘えられる」存在がツインレイ男性

きずな

精神性の高いツインレイ女性は、多くの場合、早くから大人の感性を持ち合わせていることが多いといえます。

それだけに存分に人に「甘える」ことを経験しないまま、生きる場合もあるでしょう。
そのため、人とのつきあい方がどこかぎこちなく、不器用に思えるかもしれません。
あなたは、どうでしょうか?

「甘える」ことに力は要らないと思うかもしれませんが、これができるか、できないかは、関係性の持続に大きな差を生むこともあります。

ポイント甘える、ということは、徹底的に受け止めてもらえる側になりきる、という意味で、相手を信じていなければできないことです。
突き放されるかもしれない、という心配を抱えながらでは、怖くてできないことです。
ツインレイは、甘えあう行為を自分にも相手にも許し、感情的な結びつきを確信できる存在ともいえます。

あなたと出逢う前、ツインレイ男性もまた、愛に飢えていたかもしれません。
たとえ自信満々、一人を気取って生きているように見えていても、本物の愛に巡り合いたい、と願うのは、女性も男性も同じです。

ツインレイ男性は「誠実」だと言われることがあります。
それが真実であっても、表向きにそう見えないことはあるでしょう。

「強くあるべき」と言われて育つ男性は、自分の弱さを悟られないよう、周囲には強気に振る舞ってみせていることもあるからです。
どんなにクールに見えたとしても、自分にとっての唯一無二の存在を魂が「探している」こともあります。

きずな

ただ、あなたはとっくに「本当のあの人」の心がわかっていたかもしれません。
直観的にお相手がどのような反応をするのかがわかっていたし、自分が何を言えばお相手が反応するかも知っていたはずです。

ツインレイの数だけ違う物語がある

きずな

ツインレイだとすぐにわかった!というのは、あまりないケースかもしれません。

それは魂の認識であり、しばらくは頭の片隅に追いやられていて、とてもゆっくりと記憶が目覚めていくことのほうが多いかもしれません。
怖れや理性、現実の山積みになっている問題が、お相手や自分の心にベールをかけているからです。

やがてお相手のふとした時の表情や言葉の使い方、ある時の記憶が重なり、気がつく時が訪れます。
意識レベルの計り知れない深い場所で、さっき出逢った人を知っている気がする、と立ち止まることもあるでしょう。

ツインレイについて、どんなに多くの情報を得ていても、ツインレイの数だけ、違う物語があります。
お相手だけがあなたの人生に深く関わることができ、あなただけがお相手の心に深く働きかけることができます。
それができるだけの経験をし、学びを経て、適った時期に出逢う約束をしていたともいえます。

ポイントお相手がこの人生で見つけたいと願っていたものが、きっとあなたの中に見えたはずです。
そのことを誇りに思い、あなたがなれる最高のあなたでいつづけることが大切です。
そして、あなたがこの関係に最善を尽くしたなら、その結果を心配しないこと、心を煩わせながら生きないことが大切なのです。

きずな

二人は永遠にともに生きる同士なのであり、あなたが愛に生きる魂であり続けることこそ、再び二人を結びつけます。