あなたは大丈夫?人に優しく親切にあるための本質

きずな

こんにちは!
ヒプノセラピストのキズナです。

「人に優しくしなさい。」
小さいころから目上の方に言われた方も多いことでしょう。

人に優しくすることであなたは多くの徳を積むことになります。
そして、あなた自身も高められ、周りからも愛される存在になることでしょう。

では、「人に優しく」とは一体何をしたらいいのでしょうか?
本当の意味で、人に親切である、人に優しいということはどういうことなのでしょうか。

きずな

あなたは、日々の生活でこのように考えたことはありませんか?

考えること

  • こんなに親切にしているのに、なぜだろう。満たされない。
  • こんなに尽くしているのに愛されない。
  • 人に親切にし、優しくしているはずなのに、認められていない。
  • 感謝されていないんじゃないか。
  • 何かが足りない。

せっかく人に優しく接しているのに、親切にしているはずなのにそれとは、どこか違うような気がする。

きずな

今回は、「本当の優しさとは何なのか」についてお話していきます。
あなたの日々を思い返しながらご覧ください。

1.なぜ人に優しくしたいのか―親切心の裏にある感情

きずな

あなたは、どうして人に優しく、親切にしたいと思ったのでしょうか。
相手の幸せのためですか?
それとも、そう教えられたからでしょうか。

まずはそこから考えていきましょう。

せっかくのあなたの親切で優しい行動。
その裏に、こんな気持ちが混じってしまってはいませんか?

親切な行動の裏に隠れた気持ち

  • 周りの目を気にしてしまう。
  • 相手の顔色を窺う。
  • 相手からの感謝の気持ち、何らかの見返りをもとめてしまう。

周りを、そして相手のそこにある感情を気にして「これだけしてあげたんだから」とついつい気持ちを押し付けてしまう。
それは恥ずかしいことではありません。少なからずも、誰しもが考えることです。

けれど、あなた自身のために良い考え方でないことも確かです。

きずな

自分がした親切や優しさは、本当は誰のためのものだったでしょうか。
本当に相手のためを思って無私なる気持ちから出た行動だったでしょうか?

本当に幸せになるためには、1度自分の親切心からでた行動の裏にある気持ちについて、正直に、素直に向き合ってみましょう。
本当の優しさは見返りを求めないことです。

ポイント愛を与えることは、何かを失うことではありません。それは、人生において素晴らしい経験を得るための方法なのです。
愛とは、他の人に何かを与えることです。

簡単なことではないかもしれません。けれど、確実にあなたがあなた自身を高め、あなたに自身で自分を幸せにできる一歩になります。

ただ、注意が必要な時もあります。

それは、いくらあなたが心を込めて、無私なる思いで優しくしても世の中には残念ながら、あなたの善意を素直に受け取れない人が一定数います。

きずな

そういう時には、考えすぎず、一定のあきらめが必要なことも事実でしょう。

2.優しくする相手は誰ですか?

きずな

自分の気持ちに向き合ったら、次はその相手について考えてみましょう。

人に優しく親切にすること自体は間違ってはいません。
ただ、一度その相手を考え直してみませんか?

あなたは今日、誰に優しさを分けてあげましたか?
職場のお客さんですか。ボランティア先の人々でしょうか。

きずな

実は、優しくしてあげるべき人は、遠くの他人ではなく、まず「身近な人」からです。
ではあなたにとって一番身近な人は誰でしょうか?

夫ですか?妻ですか?兄弟ですか?ご両親、子供、友人、会社の同僚…

遠くの他人より、近くの身内に優しくするほうが、実は何倍も難しいことです。
身近な人たちに、あなたが最後に心からの感謝の言葉や優しさを向けたのはいつでしょうか。

きずな

ぜひ、今日一言感謝の言葉をかけることから始めてみませんか。

3.本当に優しくすべき相手は「あなた」

きずな

けれど、もっと大事な身近な存在がいます。それはいったい誰でしょう。

ポイント

  • 「一番身近な人」、それは誰でもない自分です。
  • 「一番身近な人」とはあなた自身なのです。
  • まずは自分にやさしく親切にすることです。
  • そしてそこから身近な人へと広げていく。愛のスタート地点は自分自身なのです。

自分が相手の幸せを思うならば、あなたの事を自分のことのように大事に思ってくれる存在が必ずいます。
自分のことは投げ出して、誰かに尽くす。自己犠牲の精神も、それはそれで素晴らしい事でしょう。

けれど、あなたが周囲には尽くしながらも、一人で傷つき辛い思いをしていたら、その人はどう思うでしょう。
あなたを大事に思っている人は、悲しみの中にいるあなたをみて、やはり悲しむのではないでしょうか。

きずな

私達は決して一人ではありません。すべての人が見えない絆で繋がっているのです。
縁ある人、これから出会う人、苦手な人、好きな人、みんなソウルメイトです。

全ての人が繋がっているのであるならば、あなたは他の人を大事に思うのと同じように、自分のことも大事にしなくてはいけません。

あなたの幸福を、自分の幸せと思ってくれる人のために。

4.あなたを大切にすることが優しさの一歩

きずな

人に心から親切にしたいあなた。そんな優しさを持っているあなただからこそ
まずは、なによりも誰よりも自分を愛してあげてください。自分を好きになってあげてください。

そのままのあなたでいいのです。
持って生まれた個性は、あなたの輝きです。宝物です。足らざる所もあるかもしれません。

デコボコなところも、とがったところも。いろんな形がありますが、それはみんな同じです。
完璧な人間なんて、一人もいません。

ポイントあなたは愛されるに値する人間です。

ですから、自分をもっともっと大切にしてあげてほしいのです。優しさとは愛です。

あなたが、ありのままの自分を、今よりももっと愛する事が出来れば、魂が愛の光に満たされ、あなたの周りの人達や周囲の世界までもが、驚くほど変わっていくことでしょう。

どうか、自分を抱きしめてあげてください。
自分を大事に出来ないうちは、他の人にも本当の意味で優しくすることはできません。

きずな

自分を愛し、自分に優しくすることは、決して自己中心的なものではありません。
最終的には必ず他の人にもつながっていく愛であり、本当の親切であり、本当の優しさなのです。

だから、世界で一人だけのあなたを、どうか大切にしてください。