失敗から学ぶ!失敗を成功に変えるための思考法

きずな

こんにちは!
ヒプノセラピストのきずなです。
誰でも人生の途中で失敗したり、別のことに気をとられてうっかりミスしてしまうことがあります。
前進したいのに気持ちが阻まれ、次への一歩が踏み出せなくなる。
この動画をご覧のあなたもそんな経験をしたことがありませんか?

人を慎重にさせてしまうのは、危険から身を護ろうとする本能が働くからです。
その能力は磨かれることによって、あなたにより安全な方向を絞り込み、成功の確率が高い道を提示してくれます。

心に痛手を負った経験ほど強くインプットされ、自身を守る貴重な情報として整理されるでしょう。

今、あなたはすでに高い地位や評価を得ているかもしれません。
それでもなお、失敗を恐れず進むことによって果てしなく上昇していくことができます。

きずな

今回は、どんな失敗をしてもそれが成功への道へと繋がる考え方についてお話ししていきます。

痛い目にあうことに意義がある

きずな

苦い経験であってこそ、「同じ轍は二度と踏まない!」と、自分に誓うことができます。
そう誓い、徹底的に考え抜くことで、必要な情報が蓄積されていきます。
負の経験は役に立つ、と言われたなら、単なる精神論やきれいごとのように思うかもしれません。
しかし、あなたが人生で重ねていく紆余曲折は、いざという時に力を発揮するに違いありません。

それは「よみ」とか、「見通し」と呼ばれる力です。

何もなければ楽な方向に流れがちな私たちは、心に痛みを抱える経験がないと、甘んじて停滞を受け入れてしまうでしょう。

それまで普通に行っていたことも、馴れてくると面倒くさくなってしまうものです。

ポイント

  • 何か不意打ちをくらうような出来事は、この惰性から救い、
    今を丁寧に進めることの大切さを思い出させてくれます。
  • 勿論、わざわざ失敗する必要はありませんが、上手くいく日常のなかには、適度に「うまくいかなかった」経験があるくらいがちょうどいいとも言えるのです。

きずな

失敗すればこのような目にあう、と冷や汗をかくようなミスは、それを軽視さえしなければ、大きな失敗を防いでくれます。

後悔することで回路が増える

きずな

反省はしても後悔はするな!とは、よく聞く言葉です。
けれど、
「もし・・だったら」というもうひとつの選択を思いめぐらす行為は、ひとつの出来事を比較検討する行為であり、未来に向けた確実な成長プロセスとなります。

そして、後悔の思いが強ければ強いほど、躍起になって「今に夢中」になることができます。

ポイント

  • 過去を大事にし過ぎると思考は守りに入り、行動は消極的になっていきます。
  • あなたが今に集中できるほど、前向きに生きることができているといえます。

ただ、「後悔」を活かすためには、余力を残さない闘いであることが大切です。
本気を出してこそ、失敗を素直に受け入れることもできるからです。

また、何かあった時のために力を残しておこう、という姿勢では、自分の本当の力を試すことはできないでしょう。

きずな

力を出し切ってこそ、自分に「足りない」ものを知ることができます。
それをなんとか獲得したいと躍起になって学ぶ時、あなたの中の回路をさらに増やすことができます。

予期せぬ事態に置かれた時こそ、自分の価値を知る。

きずな

予期せぬ事態により、失態を演じることもあるでしょう。
自分の意思でどうにでもなる、と思いがちな日々に一石を投じてくれるような出来事ともいえます。
生き方に革命を起こすことにさえ、なるかもしれません。

その状況を不運だ!と思うことも、絶体絶命だ!と思うことも、自分の力を証明する舞台!と考えることもできます。
ただ、どのようにそれをとらえるかは、その後の事態を変えていきます。

ポイント

  • これまで成長し続けてきたあなたの本領が発揮されるのは、その土壇場で行動を決定していく能力です。
  • 人の価値がわかるのは、うまくいっている時より、状況が悪くなった時であったりします。

あなたも、自分が苦境に陥った時救ってくれた人や、
「あんな状況に遭って、よくここまで這い上がることができたなぁ。」と思う人のことは、
難なく思い出すことができるのでは、ないでしょうか。

きずな

人はこうして自分のブランドを作っていくといえます。

しっかりとけりをつけることが大切

きずな

失態により落ち込んでいる時、ほかの人はなんて強いのだろう、と思うかもしれませんが、メンタルが元々強い人などいないといえます。
スタートは皆同じです。
あなたも幼い頃、失敗に悔し涙を流したことがありませんか。
時には周囲に当たり散らすことさえ、あったかもしれません。
そうした経験を重ねるうちに、それでは何も解決しないのだと気づきます。

どこまでも目標に向かって努力し続けるようになることで、世間からは「メンタルが強い」と評価されるようになっていきます。

「どうやったら結果が出せるのか」考え続ける人は、最終的には勝利します。
失敗に流されがちな人は、設定する目標に対し、「できない理由」を探そうとします。

誰でも、落ち込むようなことは早く忘れたい、と思うものです。
ほかの人の失敗には、早く立ち直って欲しいと願います。
ですが本当に早く忘れるためには、しっかりと向き合い、けりをつけておく必要があります。

ポイント

  • 失敗を吟味し、深く考えることが成功への道を開きます。
  • 成功に変えていける人は、
    「その原因がどこにあったのか」人一倍詳細に示すことができるでしょう。

きずな

失敗から教わったことをしっかりと咀嚼し、栄養にすることが大切なのです。

失敗によって、あなたは進化する

きずな

TVで「一流」と言われるような人が自分の仕事について語る時、必ず苦い経験も入っています。
成功する人は、すべてうまくいっていた人ではなく、むしろ
「自分ほど失敗経験の多い人はいない!」と自慢できるくらい積極的に失敗から学んだ人といえるでしょう。

悪い事態を一瞬で解決できる魔法の杖は存在しません。
しかし、今立たされている位置から状況を理解し感触をつかみ、挑戦し続けるなら、あなた自身を何があっても大丈夫な人にさせるでしょう。

思ったとおりにならなくても、そこでまた研究し、工夫し、スキルを磨いていくなら、
ある日開けてくるものがあります。

時に立ちゆかなくなり、目標達成の間際で一からやり直すこともあるでしょう。
原点に戻った時、それまで積み重ねた失敗が、活きてくることがあります。

直感が働き、偶然的にもたらされたかのようなものを「チャンス!」ととらえることができるのは、このようなときでしょう。

失敗から生み出されるヒット商品は、このような経緯を辿ることが多いものです。
それは安定している時には、絶対に生み出せないもの、見いだせないものともいえます。

時に失敗は、それまでのやり方が通用しなくなったと、思い知ることでもあるでしょう。
それを受け入れて進むためには、固定観念を打ち破り、変化する必要があります。

そのことを決めた時、これまでの記憶のシステムが総動員され、ありとあらゆる情報を使ってあなたを救おうと動き出します。
あなたはこうしていくつもの失敗を糧に自分をつくりかえながら、進化を遂げていくのです。

もう駄目だ、と思った途端、あなたの中で、動きが止まってしまいます。
諦めた瞬間、あなたは敗北の因を生命に刻み付けることになります。

ポイント

  • 「認められたい」「高い評価を得たい」という欲求が働き、失敗を隠したくなることも、あるかもしれません。
  • けれど、それを受け止める正直さ、冷静な判断が、うまくいっている時には通らなかった領域に気づかせてくれることがあります。
  • あなたがひとつハードルを越えるたびに、新たな世界は開かれていきます。

きずな

どんな人も自分の人生を賭けて「生きる」ことを学ぶ挑戦ものです。
失敗することでいっそう本気モードを強くし、新たな知性へと駆り立て、また辿り着けるのだとしたら、それは挑戦する者だけが得られる資格ともいえるでしょう。

error: Content is protected !!